ぷらグラ!
plagra.exblog.jp

園芸超初心者の観察育成日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ: カランコエ( 4 )
2010国際多肉新年会より新入り【その2】
扇雀 (センジャク)/姫宮(ヒメミヤ)/ロンボピローサ Kalanchoe rhombopilosa
e0168016_1262843.jpg

マダガスカルの南西部原産。小型種で灰緑色の葉には、褐色の模様が入り葉縁はゆるく波打つ。葉は簡単に落ち、新しい子株になる。
e0168016_1264241.jpg

色と模様に惹かれて購入しました。
灰色の葉ってなんかイイ(´∀`*)
でも最初はうっすら緑なんですね。
e0168016_1265917.jpg

新入りなのでうちの環境に慣れるまでは慎重に夜間は室内に取り込んでます。

カランコエってうち何があったっけーと思い出してみるとこの方がいました。
e0168016_16343264.jpg

最近存在が空気になっていた(棚の奥深くに置いてた)ので、今日は天気もよくなりそうなので日なたぼっこさせるべく外に置いてきました。
週末また冷えるみたいなのでまた奥深くにしまい込まれる予定です。
存在忘れないようにしないと可哀想ですね〜(ノ∀`)
[PR]
by plagra | 2010-01-20 12:43 |  カランコエ
初農協(`・ω・´)
ダイシストンは農協で入手できると聞いて、実家に帰省したときに通りすがりの農協に行ってきました。
印鑑の必要な薬品を購入したのは初めてです。
これでダイシストンを使った殺人事件があったら自分も容疑者リストに!!!
頼むから誰も殺人事件を起こさないでくれ!(ねーよ)
何キロか見てないですが、結構大きな袋だったのでこんなにいらねーよと思い少しだけ空き瓶に移して持って帰りました。
あとでホムセンでも販売しているのを見るともっと小さい袋があった…orz

農協はこれまで足を踏み入れたことがなかったので、苗や植物も見てきました。

状態よさげな月兎耳 Kalanchoe tomentosaがあったので思わず入手。
e0168016_11443845.jpg

これで200円は安いかも(´∀`)
他にもこれと黒法師などの寄せ植えが1000円とかでかなりお買い得感が高かったのですが、持ち帰るのは無理なので断念しました。
ちなみに親もこんな感じのものを購入。だいたい1種100円くらい(´∀`)
e0168016_11442720.jpg

農協によるのでしょうが、こちらの支店は比較的状態が良くて安いものが多く、ホムセンとは違うラインナップでかなり気にいりました。
次回帰省したらまた農協に行かねばー!!
[PR]
by plagra | 2009-09-25 11:52 |  カランコエ
マザーリーフ
ダイソーでマザーリーフを見かけたので即購入。
プランツプランツでもっと高かったような…
袋に入ってるだけで既に根が出まくりで芽もちょこちょこ出ています。
繁殖力の強さがうかがえます(´∀`)

e0168016_1872726.jpg


Crassulaceae Kalanchoe pinnata
園芸名・流通名セイロン弁慶/灯篭草/ハカラメ
●子宝草は、マダガスカル原産の「コチョウノマイ」と「コダカラベンケイ」=シコロベンケイ(子宝弁慶=錣弁慶)の交配種があり、セイロンベンケイとシコロベンケイに分けられ、セイロンベンケイをマザーリーフと呼びます。マザーリーフは、葉を切り取って、水や土に浮かべておくことで、葉の縁に、たくさんの子がつきます。親葉が、ある程度枯れる状態になったら、それぞれの子株の植え替えをするのがよいとされています。
●コダカラソウ(子宝草) クローンコエ *この植物をコダカラベンケイと呼ぶのは誤り(コダカラベンケイはコダカラソウの交配親に当たる植物)


なんか調べれば調べるほど混乱してきました(´・ω・`)
まーとりあえずマザーリーフということで睡蓮鉢に投げ込んできました。

e0168016_1873612.jpg


もうすこし伸びたら植え替えてやろうと思います。
[PR]
by plagra | 2009-08-06 18:07 |  カランコエ
ミロッティー
e0168016_16332527.jpg

ミロッティー Kalanchoe millotii


 
自分用φ(`д´)メモメモ...
●カランコエ属の生長期は3〜11頃までで、後の12〜2月は休眠期。
●カランコエの弱点は加湿と低温。冬は早めに取り込む。
●春~秋は戸外の日当たりがよく雨の当たらない場所で、真夏は直射日光を避けた明るい日陰。
●乾いてから鉢底から流れるくらいの水やり。
 


ミロッティーの育て方というのがあまりネットで見つかりませんでした…
カランコエ属ので大丈夫なのかな(´ε`;)

e0168016_16341295.jpg


このラベルは…
もちろん…例の花屋…っ!!
1ダースじゃないですがまとめて1箱発注したのがだんだん売れていき、なくなったら終了みたいな感じに見えました。
最初に熊と法師を購入して数日後に訪れたら残り6鉢くらい…
徒長した兎とか謎のハオとかほぼイマイチ状態だったんですが、この残りカスから何か買わねば!!という気になぜかなってしまい無理やり買いました。
これが全部売れたらまた入荷してくれないかな~。多肉祭りはもう終わりなんでしょうか…
e0168016_16343264.jpg

それにしてもこれは植え替えとか葉挿しとかしてみてといわんばかりの状態に見えます。
多肉用土3Lが何度も鉢をひっくり返したせいかすぐに底をついた(ノ∀`)タハー…ので、用土を入手したらエケの葉挿しと一緒に行いたいと思います。
[PR]
by plagra | 2009-04-26 16:47 |  カランコエ