ぷらグラ!
plagra.exblog.jp

園芸超初心者の観察育成日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お暑いのがお好き→ミルトニア「お断りします(゚ω゚) 」
ミルトニアルシアンという名前で売られていたもの。
e0168016_12323197.jpg

調べてみるとミルトニアやらミルトニオプシスやらパンジーオーキッドやらがイコールになっていたり別物と書かれていたりで入り乱れていてよくわからない(´;ω;`)ブワッ
とりあえず、ミルトニアの育て方を参考にすることに。
e0168016_12322298.jpg


自分用φ(`д´)メモメモ...

アンデスの高地に自生するベキシラリア系と呼ばれる夏の暑さに弱い性質のものと、ブラジル原産の暑さに強く比較的育てやすいスペクタビリス系との二つにわかれる。
●後者はオンシジウムの栽培方法に準じる。
●前者はあまり強い日光を好まないため一年を通して半日陰の場所で育てる。
夏の暑さに弱いので、できるだけ温度が上がらないように気をつけ、風通しを第一に。秋は最低気温が10℃を切る頃に室内に取り込み、窓際のレースのカーテン越しくらいの日射しに当てる。
●乾燥に弱いので乾かさず根腐れしないように与える。
●最低気温が13度を下回ったら室内へ入れ、13度から18度ぐらいで管理。秋から冬の花芽分化期は13度前後の低温に1ヵ月半ほどあうと花芽が着く。理想的な生育温度は15度から20度。
●花が終わった6月(梅雨時)か9月中旬の少し涼しくなった頃に植え替え。

参考>>■ミルトニア
ミルトニア
ミルトニア(スペクタビリス系)

e0168016_12324297.jpg

購入したのは1ヶ月以上前なんですが、結構長く花が咲いていて楽しめました。
e0168016_12325798.jpg

しかもすんごい(・∀・)イイ香り!!
毎日フガフガしてました…(;´Д`)ハァハァ
最近暑くて夏越しが激しく不安ですが、花はきれいだし香りはいいしなので大事にしたい一品です。
[PR]
by plagra | 2011-06-29 13:25 | 洋ラン